top of page

中々理解されない「マーケティング」とは何か?改めて説明してみる!


売れるチカラ
Marketing

Marketing・・・当方、自称マーケティング・プロデューサーですから、普通に「マーケティング」と言う単語を使いますが・・・常に「解ってくれてないよな!」で・・・ また、世の中、マーケティングに関しては様々な意味合いで使われ・・●●●マーケティング!なる単語が溢れ、余計に混乱を助長しています。 そこで、あくまでCategory1戦略として、正道としてマーケティングとは何か?をご説明したいと思います。 ●単純に・・・ ・営業・販売=「売る」事 ・マーケティング=「売れる」様にする事

・・・こう言う事です。

もう少し本格的に記載すると・・事業・商売の『売れる』仕組みと仕掛けの体系・・・消費・購買・利用・取引等の行動を起こさせる事への技術と知識・行動体系と言う事になります。 ですから、営業・販売もマーケティング体系の中の一部です。あえて言えば商品施策もマーケティングに含まれます。 ドラッカーは、事業の機能はマーケティングとイノベーションの2つのみ!と喝破しています。 マーケティングとは事業体・企業が収益を確保する為の基幹的なものなのです! ・・・その割に理解が低い・・・ ●では、その基本の「売れる」とは何か?

顧客が「ほしい」「買おう」と思わない限り・・・「売れる」は無い!まず「ほしい」「買おう」と思って頂く事。そして行動して頂く。提供・提案する価値への期待と認定です。

つまりマーケティングとは、「ほしい」「買おう」と思って頂き、行動して頂く施策体系です。これは消費財・サービス財・生産財・・・B2C、B2Bすべて同じです。 さて問題は、普段の事業活動の中で、この体系=工程を考え、行動されているでしょうか? 当方は、様々な企業さんに、この事をアドバイスし、ご一緒に、この体系つくりをお手伝いして来ましたが、中々組織全体でご理解頂くのに苦労をして来ました。

昨今、小手先の販売・販促手法でマーケティングを進める処が増えましたが、本来「売れる」の仕組み創りは相応に難しいものです。

キャッチコピーを変えただけで、一時的に反応が上がってもすぐに効果は無くなります。

全体の体系なのです! ●基本は事業戦略と仕組みつくり 事業体・企業の根幹であるマーケティング=「売れる」様にする!には、やはり、そのベースとなる事業戦略構築が必要なのと、行動の為の仕組み創りは不可欠です。 残念ながら多くの中小企業ではマーケティングと言う体系がありません!中堅企業あたりで、その名を記した部署があっても、結局、販促活動を担っている程度で、行動全体への対応がありません! それは事業戦略自体が確立していないケースが殆どです。 Category1戦略プログラムは、マーケティング=「売れる」を軸とした戦略プログラムです。しかも経営者自身が考え、創る事を基本にしたプログラムになっています。

事業戦略×仕組み

これを構築して下さい。


マーケティング・プロデューサー

原 テルキ


経営者の方が自ら考え、自ら創る事業戦略プログラム


営業を仕組み化する「道具」 #事業戦略

#マーケティング

#組織改革

bottom of page