top of page

Category1戦略プログラム

強く・正しい戦略
経営者が、自ら創る

事業に、​どうすれば明るい未来が描けるのか?
​強く、正しい戦略が必要です。

Category1 戦略プログラム

経営者の方が自ら考え、自ら創る事業戦略プログラム。

20年以上・400社超、マーケティング改革・事業戦略構築等の実績をを基に、

貴社の事業に合わせた最適な戦略を作成することができます。

最大の特徴は、このプログラムは、経営者の方が自分自身で考え、

アイデアを形にしていくことが大切だという考えから作られました。

プログラムは、自分で考えたビジネスモデルのプランを、

実際に試行しながら改善していくことができます。

プログラム完成後には、自社の事業戦略が整うだけでなく、

自分自身の経営判断力も向上し、、

今後のビジネスにおいて大きなアドバンテージとなります。
このプログラムを通して、貴社のビジネスが大きく成長し、

新たな可能性を広げることを目指して下さい。

workbook

Category1戦略ProgramWorkbook

Category1戦略プログラム・ワークブック

​A-4横 全206ページ

PDF版ダウンロードでの販売と成ります。

​    価格 29700円 (税込)

​※記入用テンプレート添付(word版)

Category1戦略体系

strategy element

Program Element

●PDFアイコン、クリックで
 DL出来ます。

『売れる』事業戦略は体系的です。

​体系とはシステム。事業システムそのものです。

顧客の世界観=コンセプトを真ん中にして

事業の各要素を体系的に考察、設定します。

strategysystem
●PDFアイコン、クリックで
 DL出来ます。

事業戦略・施策・行動は
「体系的」で無ければ成らない

事業戦略は、組織全体として機能させる事

Program Construction

プログラムの内容

本書は事業の「売れる」チカラを創造する為の戦略構築プログラムと、
その実行ガイドです。
これは、よくある単なる小手先の販促・営業手法を紹介する様なモノではありません。
「売れる」チカラとは、その事業体の総合力の結集=仕組み=体系です。
その知識と手法を、まとめたワークブックです。

Category1戦略Program Workbook
・・・​A4横版 全206ページ・・・

Categry1とは?
Category1戦略が目指すもの
メンター Category1戦略の教えのメンター
Index


Categry1戦略解説編 そもそも戦略とは何か?
・Category1戦略の7つの効果
・Category1戦略意義 なぜ、この戦略が必要なのか?
・Category1戦略の考え方 価値提供を核にした戦略の構築
・マーケティングとは?なぜマーケティングなのか?
・カテゴリーワン戦略のマーケティングの考え方
・体系的とは何か?なぜ体系的であるべきか?
・カテゴリーワン戦略の基本要素と体系
・プログラムモデル図の解説 相互の要素の整合性(体系)を持って、戦略を考えていく。


Categry1戦略構築編 部分では無く、全体で考える
・戦略構築…全体作成ガイド
・ケーススタディモデル会社

➀基点・資源 そもそも、事業を始めた「訳」?
・事業の基点から経過の考察・確認・・・ガイドモデル図
・事業の基点と資源の分析・確認 モデル会社例
・新しい戦略の為の「資源」を確認する。

・事業の基点から、資源の分析・確認のポイント
・事業の基点と資源の分析・確認・・・ガイド図
・事業の基点と資源の分析・確認 モデル会社例
・事業の基点から経過の考察・確認シート
・モデル会社から、戦略構築の参考要素

➁課題・機会 「課題」は何か?を見出し機会をつくる。
・課題とは何か?
・問題、課題、機会(チャンス)への構造
・問題分析・・・問題の分解方法
・課題、問題から機会までの分析・・・モデルガイド図
・問題分解・分析  モデル会社例
・課題、問題から機会までの考察・確認・・・モデル会社例 なにわ食品
・問題分解・分析  分析シート
・課題、問題から機会までの分析シート
・基点・資源↔課題の確認から見えるもの


・・・プログラム番外編 経営哲学

六角形&コンセプトを構築する!事業を構成する6つの要素
➂商品 売るべきモノは適切か?
・商品・サービス(モノ)の現状確認・・・今、何を売っているか?
・商品・サービスのニーズ性の分析・考察
・ニーズの種類・・・ニーズは、いろいろの種類が有る!
1、ニーズの性格モデル
2、ニーズの規模と時間要素

3、ニーズまでの距離と到達コスト
・モデル会社でのニーズ性考察モデル例
・自社のモノ、ニーズ性の確認シート
・・・自社のモノのニーズは、どの様なポジションか?
・商品・サービス(モノ)の役割

・モデル会社での商品・サービス(モノ)の役割確認
・自社の商品・サービス(モノ)確認シート

・モノの本質・構造・・・価値要素
・顧客のメリット、ベネフィットを確認する。
・競合優位性(≒独自性)
・競争優位性(独自性)の考察モデル 考察ガイド
・競合優位性(独自性)の考察モデル・・・モデル会社例 なにわ食品
・競合優位性(独自性)の考察モデル・フレームシート
・付加価値=効用・便益、競合優位性(独自性)の考察のまとめモデル・ガイド
・付加価値=効用・便益、競合優位性の考察のまとめ モデル会社例
・付加価値=効用・便益、競合優位性の考察のまとめフレーム・シート
・付加価値は不変か?
・価値・・・意味要素?・・・価値の種類を知る。

・・・プログラム番外編 洞察


➃顧客・市場  6つの要素の中で最重要な顧客・市場です。
・市場とは何か?
・では、その顧客とは何か?
・市場と顧客の構造・・・2種類の顧客、真の顧客はユーザー顧客です。
・マッチング・レベルとは?
・STP分析
・STP分析の各要素と分析手法
・マッチング・レベル考察ガイド
・市場・顧客考察と確認・・・STP分析・考察ガイド
・マッチング・レベル考察ガイド モデル会社例
・STP分析ガイド モデル会社例
・マッチング・レベル考察シート
・STP分析・・・明確な顧客目標と市場目標を設定シート
・顧客像を明確にするからこそ、次のステップが見える。


➄チャネル 「流れ」と「場」
・チャネルとは顧客の価値を届ける「流れ」と「場」
・チャネル=3つの流れ
・情報流=情報チャネルをつくる
・今はチャネル戦争期であり、既存事業システムの崩壊期
・販路顧客のマネージメント・・・販路顧客管理の重要性
・顧客管理手法・・・(販路)顧客管理もセグメント(分類)から
・チャネルとしての「売場」
・新しい「流れ」・・・新しいチャネルをつくる。
・チャネル考察・確認ガイド・・・自社のチャネル構造・状況を確認します。
・チャネル戦略の考察ガイド
・チャネル考察・確認・・・モデル会社例
・チャネル戦略を考察・・・モデル会社例
・チャネル考察・確認シート
・チャネル戦略考察シート


➅コミュニケーション 価値を如何に伝えるか
・事業のコミュニケーションとは、価値の提案と、市場・顧客の情報収集活動
・営業・販売とは・・・その定義。役割と機能
・コミュニ
ケーションの基本は『提案』する事!
・営業・販売スタッフを情報提案・情報収集=情報コンテンツ・スタッフである。
・提案は必ず組織的・体系的に行う。
・WEBの有効活用
・ブランディング=意味つくり
・コミュニケーション考察と確認ガイド
・価値の意味つくり 確認・考察ガイド
・コミュニケーション考察と確認 モデル会社例
・価値の意味つくり モデル会社例
・コミュニケーション考察と確認シート
・価値の意味つくり シート

・・・プログラム番外編  ブランドの構造


➆利益構造 事業の利益性の考察
・Category戦略は粗利主義=付加価値(価値)主義です。
・単位当たりの収益=そのモノ/販売/取引は収益を上げているか?
・その単純粗利はどのくらい必要か?
・まず単純粗利から、独自の管理会計手法をお持ち下さい。
・理想とする利益構造=取引形態の目標を持つ
・利益構造の指標と確認ガイド
・利益構造の目標設定と他の戦略の確認ガイド
・利益構造の指標と確認 モデル会社例
・利益構造の目標設定と他の戦略の確認 モデル会社例
・利益構造の指標と確認シート
・利益構造の目標設定と他の戦略の確認シート

・・・プログラム番外編 在庫と言う魔物


➇組織・人 如何に組織と人を動かすか!
・すべての経営者が悩み、経営上の永遠のテーマ・・・組織・人
・システム思考
・事業組織と人とは何か?を考えてみる。
・使命(ミッション)
・目標(ビジョン)
・ルール
・役割と機能
・組織の中には目標達成の為の、役割と機能しか無い。
・組織と機能の基本構造イメージ・・・目標達成を基準とした構造設定
・理想的な組織=組織目標を考えみる。
・組織・人。基本要素の考察ガイド
・組織・人。基本要素の考察 モデル会社例
・組織・人。組織構造と役割と機能の考察ガイド
・組織・人。組織構造と役割と機能の考察 モデル会社例
・組織・人。基本要素の考察シート
・組織・人。組織構造と役割と機能の考察シート
・不足する役割や機能(能力)は、どうするか?


➈事業コンセプト 事業戦略の核をまとめます
・事業コンセプトとは?
・コンセプトの考察6つの要素をまとめる。 ガイド
・コンセプトの考察 モデル会社例
・コンセプトの考察 シート
・Category1を構築する
 コンセプトを更に深く掘り下げ、独自の世界観を創る。
・コンテキスト(文脈)を作る


Categry1戦略実行編 組織が目標達成に集中し行動す
➉施策体系化・マネージメント 組織を動かす
・行動への体系と、マネージメント
 計画(事業計画)
 作戦
 行動
 情報共有
・計画・提案・作戦・行動と、機能と役割


⑪目標・コミットメント 目標に集中する。
・目標設定をコミットメントする。
・全社的年次会議
・全社会議の説明内容
・会社全体の目標方針
・年次目標の説明
・各スタッフの目標・行動方針とコミットメント
・My Commitmentが、組織を強化する。
・目標&コミットメントの経過的マネージメント
・フィードバック分析と、そのサイクルを回す。
・会議体系の考え方

・・・番外編 事業の生産性?


⑫継続的成長要素 価値の集中と多面化
・自社の提供価値を、継続手に、どう高め!どう活用するか!
●市場の多面化・サービスとの融合
●同じ価値要素のモノの多面化
●戦略をパッケージ化・・・ライセンス・モデル
●顧客養殖モデル

番外編 戦術、各施策

まとめ 目標と体系
・目標設定のポイント
​・体系化の考え方

​・
全体の事業戦略のまとめ

あとがき 戦略×仕組み

Category1_ページ_131.jpg
Category1_ページ_182.jpg

●戦略構築の進め方
戦略要素の各項目には、その設定を行うフレーム・ガイドと、
​モデル会社の設定事例、その記載テンプレートを付けていますので、
ガイドを参考に戦略考察と設定記入が出来ます。

(Category1戦略プログラム・ブック、サンプル版は本ページ下段からダウンロード頂けます。)

White on Transparent.png

Category1戦略プログラム・ワークブック

​A-4横 全206ページ

PDF版ダウンロードでの販売と成ります。

​    価格 29700円 (税込)

※記入用テンプレート添付(word版)

一切の予告なく、価格を改定する事があります。
あらかじめご了承下さい。

Category1 戦略プログラム

サンプル版(抜粋版)無料ダウンロード

Category1戦略プログラムワークブック
​サンプル版(抜粋版)全29ページ
アイコンをクリック頂ければ、
こちらから、すぐにダウンロード頂けます。
登録等は必要ありません。

Category1戦略プログラム
​適合企業業種

●消費財系・・・メーカー、卸、商社、小売り
食品、繊維、衣料、日用雑貨、生活雑貨、インテリア、化粧品、化成品装飾品、情報機器、生活サービス、家電・電気機器、住宅関連 等
●産業財系・・・メーカー、卸
機械全般、化学製品、金属関連、電気機器、機械・電気部品、包装資材

繊維素材、輸送サービス、建設資材 等

継続的に顧客に商品・サービスを
営業・販売する業種業態の
​戦略設定には適合しています。

bottom of page