Logo01_02.gif

マーケティングプロデュース​

有限会社なにわ創信舎

案内書

600768_210834562398098_407744184_n.jpg
kachi2-removebg-preview.png

なにわ創信舎は長きに渡り、マーケティング改革・新規事業開発を

独自のプログラムとノウハウで、中小企業・地域経済の皆様に、

長きに渡り『売れる』仕組みと仕掛けを提供し、

これまで数多くの実績を残して来ました。

マーケティング・プロデュースとは?

マーケティング=『売れる』仕組みと仕掛け。
プロデュース=つくる・設定する。
Category1戦略

必要なのは営業(マーケティング)改革・改善・・・利益の向上

バブル崩壊以降、日本企業の生産性の低下についての指摘がよく在ります。

そこで大きく勘違いされている解釈は日本企業の効率性の悪さとか、コストの高さです。

はっきり申し上げますが・・・これは大企業の「陰謀」でしょう!(たぶん)

日本企業の最大の問題は付加価値不足です。(価値不足)

 

この30年日本企業(全部とは言いません!)が、唯一行ったイノベーションはコストダウンだけです。

コストダウン自体は合理的に行えば悪いことではありません、無駄は省くべきです。

しかし日本企業が同時に行ったのは売価も下げていきました。「より安く」が神話化されて来たのです。

これは明らかに間違いです。

特に中小・中堅企業にとっては「より安く」は自殺行為です。

「どうしたら安く作れるか?」「どうしたら安く売れるか?「どうしたら経費が下げられるか?」

?どの位、この為に時間を無駄にしたでしょうか?

何度も申し上げますが合理的なコストダウンは必要です。

しかし、それよりも重要なのが付加価値の向上です。

あえて言えば「どうしたら高く売れるか?」?・・・これを考える事です。

これが思考・志向できない企業は、少々辛辣に申し上げると、事業を閉鎖すべきです。

少し思い出せば明白です。メーカーでも商社でも小売業でもサービス業でも、

商売の基本は「儲ける事」・・・その事で社会に貢献する事です。

経営者が「儲ける事」を忘れたら終わりです。

それも付加価値(価値)を増やす事でそれを実現することです。

もうひとつ意識すべきが市場のシュリンク(縮小)です。人口動態や様々な技術革新での効率化は

結果的にトータルの市場の縮小を招きます。同じ事をしていたら、それだけで小さくなっていく!

売上も利益もどんどん失われて行きます。

それが成熟した今の市場の現実です。

その為に必要なのがマーケティングとイノベーションです。

つまり営業(マーケティング)であると断言させて頂きます。

貢献致します。

オーケストラ

●提供業務・サービス内容

●マーケティング全般強化、営業改善・強化、収益強化、ブランディング

●新規事業・業態開発企画

●営業改革・改善ツール「営業開花」企画・開発・運営業務

●組織改革のアドバイス。

●ターンアラウンドマネージメント(事業再生)

●地域活性化の計画・実践

●販路開発業務

​●カテゴリーワンの運営

​・・・業務・サービスの詳細は、下記よりお問合せ下さい。

■会社概要

有限会社なにわ創信舎

〒521-0012

滋賀県米原市米原101 (2021年6月コロナ禍を機に阪神間より移転)

 E-mail     info@naniwa-s.com

 Web       https://www.category1.jp/

 

◆これまでの主な業務実績・主な取引先

●独立行政法人中小企業振興機構              地域ブランドアドバイザー・

●奈良県中小企業支援センター                 経営アドバイザー

●奈良県                                    土産物開発プロジェクト販路開発アドバイザー

●滋賀県商工会認定                               経営アドバイザーエキスパート

●日本セールスレップ協会認定             販路コーディネーター1級

●龍野商工会議所                                  特産品開発委員会コーディネーター

●神戸商工会議所                                  販路開発アドバイザー

●農林水産省                                        6次化サポーター

 池田金属工業㈱:工業用部品商社、木村アルミ箔㈱:食品包装資材・菓子製造販売、

㈱イシハラ:製菓製パン材料商社、財団法人成研会:医療・医療サービス

㈱エスクリ:ブライダル・飲食、㈱玉理科学:美容、化粧品、せのや㈱:観光土産品小売、

エヌエスケーニシダ㈱:金属加工・卸、セラヴィ中座:飲食ビル、㈱豊国ヌードル:製麺、

イトメン㈱:食品加工、中島製革㈱:皮革製造、奈良テレビ:放送、天平倶楽部:飲食、

㈱植嶋:菓子商社、伊藤忠食品㈱食品商社、NEXCOサービスH:サービスエリア運営、

ホテル昴:観光旅館、料亭旅館みよし:旅館、菱豊フリーズシステム:冷凍機器・飲食

島田工務店㈱:工務店・観光事業、㈱リアル:化粧品:京都シルク㈱:美容用品

 ㈱ヨネカワ:住宅設備、㈱渋谷:建設、

パンドラファーム:農事法人、タマリス㈱:化粧品・美容用品、戎橋筋商店街:商店街

大日本印刷㈱:販売促進企画、㈱電通テック:販売促進企画、㈱朝日広告社:地域催事企画

 

奈良県、神戸商工会議所、滋賀県商工連合会、龍野商工会議所、明日香村商工会、橿原市商工会議所愛知川商工会、豊郷商工会、秦荘商工会、多賀商工会、稲枝商工会、信楽商工会                          

                                                                                                            他 四百社超

shinnosuke.jpg

■代表者の略歴

マーケティングプロデューサー

兵庫県姫路市生まれ。

学生時にグラフィックデザイナーを志すが、

なぜかファッションデザインの仕事でアパレルメーカーに入社。

その後デザインからマーチャンダイジング(企画MD)・生産管理やプロモーション業務へと

範囲を拡げていくが、また、いきなり大手広告代理店(博報堂)の契約スタッフに。

プロモーションからマーケティング業務を本格的に行っていく。

その経歴から、神戸ファッションマートのマーケティング担当となり、

マーケティング業務・施設企画・運営計画・ホール営業等ソフト面ハード面に双方に携わる。

 

1995年 阪神大震災で自宅が全壊、その翌年ファッションマートを退職。

企画会社を設立するも、企画業務のみならず、雑貨卸、展示会の企画運営、

若手デザイナーのプロモート等どぶ板営業からファッションブランドのプロデュースまで、

ほぼ何でも有り状態の業務が続いていく。

その間、神戸のファッション小売チェーン、㈱ルシェルブルー(現リステア)の

管理担当取締役を兼務。

経理・財務・総務・人事および公開業務を目指した

エクィティファイナンスの実施の責任者を進める。

これで、モノつくりのデザイン・生産からMD、営業、マーケティング、

そして法務・会計・ファイナンス業務までのビジネスの大方の現場を踏み、

すべての経験をリンクさせ業務を行うスキルを身に付ける。

しかし2001年様々なストレス・心労で病気を発症、その後療養生活。

2004年それまでの業務等を整理して、(有)なにわ創信舎設立に参加。

2007年から代表就任。以降は、経験を活かし、マーケティングを軸とした業務を提供する。

これまで対応した企業・団体・プロジェクト等400社超。

2021年、相応の年齢、首の手術、コロナ等を契機に、滋賀県米原市に移住。

​WEBでの活動、リモートを中心とした業務にシフト。

 

◆生活信条        ファンキーなオッサンで有り続ける。

◆業務信念        常にプロとして対応する。

◆座右の銘        天使のように大胆に、悪魔のように細心に

◆家族構成        嫁様  猫1匹(真ノ介)

 

原テルキ.jpg
niwatori.jpg