top of page
事業戦略プログラム

中小企業の営業を"仕組み化"する道具

「営業開花」

営業の仕組み化

「営業開花」は営業スタッフ5名~100名程度在籍の

B2B営業の 中小企業を対象に作られています。

中小企業に最適な、営業の「道具」

「営業の仕組み化」を目指したいが、
​その機能=ツールが無い!
大掛かりなシステは、必要ない
かと言って、エクセルだけでは出来ない
運用・​管理も難しい
だから!・・・中小企業に最適な「道具」
営業の仕組み化する道具
「営業開花」の基本機能
営業の仕組み化する道具

基本営業サイクルを確立する

基本営業サイクル

「考える」営業組織へ

この「営業開花」をご活用して頂く目的は、

Category1戦略プログラムのノウハウを活かした、

この基本営業サイクルを確立して頂く事です。
そして営業全体の体系化=仕組み化を進めて頂き、

​経営者の方が考え・創った事業戦略に添った、

「考える」組織的営業へ進化させて頂く事です。

・・・目指すのは「考える」営業組織です!

Category1戦略

日本企業の営業/マーケティング

​生産性が低い!・・・なぜか?

製造業の事を、お話しします。
日本の製造業の生産性は、相応の収益力・競争力があると言われています。
それは・・・例えば「カンバン方式」「セル生産」「ジャストインタイム」等の世界に誇れる製造マネージメント手法を開発し、その能力を高め、世界を制覇しました。
その本質は製造現場の「流れ」「工程」管理のイノベーション(革新)です。
残念ながら「営業」「マーケティング」の現場では、
この革新は日本では生まれませんでした。
相変わらず営業マンおよび営業関連スタッフの個人の能力に依存した属人営業や、
出たとこ勝負、モノ(商品)頼り、御用聞き、挙句に価格競争(身を削る営業)です。
もっと、総付加価値=総利益額を考えた営業に転換しなくては成りません。
この『道具=ツール』(システム)はデジタルの機能を使いながらも、
​営業活動・運用に役立つコンテンツを装備し、
営業の「流れ」「工程」を製造業様に戦略体系的に改善していく為に作られました。
それによって上記営業目的を達成可能な機能と運用要素を実装しています。


Category1戦略では、企業・事業体の「売れる」つくりの為に、
​営業を科学にする為に、営業改善ツール「営業開花」の活用を促進して参ります。
ぜひ、ご活用し「売れる」営業組織をお作り下さい。

bottom of page