top of page
Category1戦略プログラム

Category1戦略プログラム

の思想

プレゼンテーションを行います

​1,強く、正しい事業戦略・戦術を持つ。

2,営業の仕組み化を図り、組織強化を行う。

3,顧客価値の創造を行い、利益を上げる!

Category1戦略

20年以上の
現場実績

マーケティングの
知識と技術

×

20年以上の現場実践と
マーケティング知識と技術の融合

図形のバランスをとる
Category1戦略

これまで​20年以上、多くの中小企業のマーケティング、営業活動のご支援をさせて頂き、

その現場の中で気付いた事があります。

それは、日本の中小企業は稼ぐチカラを落としている!と、言う事です。

それは何なのか?

バブル崩壊以降、失われた30年と云われ、

日本企業の生産性の低下についての指摘がよく在ります。

そこで大きく勘違いされている解釈は、日本企業の効率性の悪さとかコストの高さです。

それは間違ってはいませんが、本当の答えでは無い!を言う事!

 

日本の中小企業の最大の問題は付加価値不足です。(=利益不足)

 

この30年日本企業(全部とは言いません!)が、

唯一行ったイノベーション(改革)はコストダウンだけです。

コストダウン自体は合理的に行えば悪いことではありません、無駄は省くべきです。

しかし日本企業が同時に行ったのは、売価も下げていきました。

「より安く」が神話化されて来たのです。

 

​これは明らかに間違いです。

特に中小企業にとっては「より安く」は自殺行為です。

「どうしたら安く作れるか?」

「どうしたら安く売れるか?​」

「どうしたら経費が下げられるか?」

どの位、この為に時間を無駄にしたでしょうか?

 

当然、合理的なコストダウンは必要です。

 

しかし、それよりも重要なのが、付加価値(価値)=利益の向上です。

あえて言えば「どうしたら高く売れるか?」「どうしたら儲かるか?」

・・・この当然の事を、考える事です。

 

​もう1つが、国内市場のシュリンク(縮小)です。

人口動態や、様々な技術革新での効率化は、結果的にトータルの市場縮小を招きます。

同じ事をしていたら、それだけで小さくなっていく!

売上は、どんどん失われて行きます。

それが成熟した今の、日本市場の現実です。

 

​この2つの状況を打破しなければ成らない!

絶対に!打破しなければ成らない!

 

これが、永年マーケティングの現場に居た、当方の強い思いです。

そして、大事なのは、価値創造=利益創造を中心とした事業改革を進める事です。

 

そして、日本の中小企業が、それを進める為には何が必要か?

事業戦略と、「営業の仕組み」を含めた組織改革のプログラムが必要なのです。

もちろん、その中で成長も目指す事。

 

このCategory1戦略と、営業を仕組み化する道具「営業開花」は、

その「考え方」を基に構築したものです。

 

それは、主に中小企業の経営者の方が、

自社の事業戦略を、自ら考え、自ら創るプログラムであり、

営業組織が「考える営業」=組織強化に成る為の「道具」です。

 

まず経営者の方にお考え頂きたい!その思いからです・・・

 

マーケティング・プロデューサー

原 テルキ

山の風景
hans-veth-8y--BAFlC9c-unsplash.jpg

「けものみち」でも、道は道

事業・商売の現場は、厳しい世界です。

理屈が簡単に通る訳では、ありません。それは皆様方も重々ご承知でしょう。

このカテゴリーワン・プログラムは20年以上に渡る

営業・マーケティング現場で実践された様々な施策の経験と。

世界の経営&マーケティング理論・哲学・心理学等の理論を融合されて開発したモノです。

​産業財、消費財。製造、卸、小売り

・・・様々な現場経験を基に、プログラム化されています。

 

確かに、事業・商売を行う事は、「けものみち」を行く様なものですが、
しかし「けものみち」でも、道は道です。
そんな「けものみち」を行く人にこそ、その「道理」・・・

知識と技術を得て頂きたいのです。

このカテゴリーワン戦略は、そんな「けものみち」も行きながら、

プログラム化したモノです。

bottom of page