組織・人の話・・・もう組織への幻想を捨てるべきでは無いか?

組織・人の話・・・もう組織への幻想を捨てるべきでは無いか?

カテゴリーワン戦略はマーケティング戦略の考え方であり、その意味で経営戦略の大きな要素なのですが、組織・人の課題もその視点で考えています。 ただ組織・人の問題は、恐らくすべての経営者の方が一番悩む問題でしょう。

世の中には数多組織についての話はあります。うまく言った話、失敗した話・・・それでも組織・人について確実な方法論など存在しません。 時々見かける成功した話も、その時は良くても事業体の成長や、時代背景のよって瓦解していくものです。みんなで掃除をしようが!夜のコミュニケーションを頑張ろうが!一時は変化と改善が見えるが!いつのまにか形骸化して元に戻ってしまう。組織が大きくなれば、まったく機能しなくなる。 最近では「ディール組織」と云うのが流行りですが、これも、いつかは陳腐化して効き目の無いモノになるでしょう! そこから得られる知見は・・・要するに確実な「組織戦略」など無い!と言う事では無いでしょうか?「こうしたら上手く行く!」なんて一時的なモノで、結局は「また悩む!」に戻ります。 要するにすべて「幻想」なのです。そう考えた方が気が楽です。

続きはこちら・・・https://note.com/naniwa_s/n/n2862b5e322a1

1回の閲覧0件のコメント