利益構造・利益管理・・・管理会計のススメ


以前、カテゴリーワン戦略は「粗利主義」と述べました。 それは粗利が事業体が生み出す付加価値ですし、事業体の生産性です。そして粗利こそが顧客が認めた事業体が提供するモノの価値そのものだからです。粗利が少ない事業は、既に役割を終えつつある事業だと理解すべきなのです!経費削減で営業利益を何とか捻出してもビジネスモデル自体が古臭ければ、おのずと限界は見えています。

さて、本日はそのマネージメントをどうするか? 管理会計の話です。実は決算書や月次試算書を見ても真の粗利は見えない場合が多いです。特に商品を販売する企業は・・・これはB2B企業向きのお話です。 続きはこちら・・・https://note.com/naniwa_s/n/n9fa92cd7e6f2

0回の閲覧0件のコメント